子供でも見える所にワイヤーをつける矯正は恥ずかしい

子供でも見える所にワイヤーをつける矯正は恥ずかしい

  • 2018年03月29日

みなさんこんにちは!

今回は前回の続きになります。

前回は

お口が開いていると歯並びが悪くなるってホント?

こちらを投稿しました。

 

今回から数回に分けて、せんじゅ歯科・こども歯科で行う矯正治療を具体的に説明していきます。

 

見える所にワイヤーを使いません!

みなさんが思う矯正のイメージは上の図ではないでしょうか?

 

もちろんワイヤーを使う矯正装置が必要な方もいます。

しかし子供の矯正では使わなくて良いことも多いです。

 

どうしてだと思いますか?

それは

せんじゅ歯科・こども歯科で行う矯正は顎を正しい方向に成長させる治療です。

顎が正しく成長すれば、歯は自然と正しい位置に動いてきます。

 

そういった矯正治療を行なっていますので、歯だけを並べる見える所のワイヤーは使わないことが多いです。

そして、顎を正しく成長し、歯が自然と並ぶためにはお口を閉じないといけません。

お口を閉じて、正しい呼吸と舌の正しい位置を身につけ、正しく飲み込む。

これらができるようになると歯は正しい位置に並びます。

 

小倉南区のせんじゅ歯科・こども歯科では小児の矯正治療に力を入れています。

対象年齢は5歳くらいから12歳前後に開始する治療です。

歯並びを治すことと同じくらい口を閉じることは身体にとても大切です。

矯正相談も随時行なっていますので、気になる方は是非お問い合わせください。

 

次回は

「今までの小児の矯正となにが違うの?」

というテーマで投稿します。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。